JMマイセカンドホーム・コンサルタンシー大阪営業所
TEL. 06-4391-7775

大阪市営地下鉄 本町駅24番出口 徒歩1分

 【Q1】MM2Hとは何ですか?

【A1】 MM2Hとはマレーシア政府発行の長期滞在ビザのことで、最長10年間が発行され、更新が可能ですので、半永久ビザとして マレーシアにて長期滞在されるには必須のビザと言えます。

他国に例を見ない優遇措置のあるビザで、さまざまな特典がございます。観光ビザだけでは開設できない銀行口座を開設し、3.15パーセントといった有利なレートで預け入れることが可能です。(1年定期、2013年3月22日現在)、

 

【Q2】 MM2Hビザはどうしたら取得できますか?

【A2】 取得に当たってはまず、以下の①と②の2つの条件をクリアした上で、申請に必要な書類をご準備いただき、提出 する必要があります。

ビザ取得まではおよそ2つの過程を経て取得が可能になります。まず、申請に必要な書類提出を行い、移民局から仮承認レターを取得するまでの過程   (申請後およそ2~3ヵ月かかります)とそのレターの日付から半年以内に本申請(ご自身のパスポートにMM2Hビザを取得 する手続き)を行うという2つの過程です。

*申請に必要な条件*

①申請時点 (レートは31円/1リンギット換算)

【資産基準】
・50歳以上  約1,085万円 (35万リンギ) ・預金、有価証券等 流動資産の合計
・50歳未満  約1,550万円 (50万リンギ) ・夫婦で申請する場合、配偶者の資産と合算可能

【収入基準】
入(年金、給与等) 約31万円/月 (1万リンギ)  ・夫婦で申請する場合、配偶者の収入と合算可能

②仮承認後、本申請によるビザ取得時
・50歳以上  約465万円 (15万リンギ) の定期預金口座を開設

   ※1年経過後、住宅取得等で政府の承認を得ると減額可能【50歳未満も同様】 もしくは政府で承認された年金基金からの約31万円(1万リンギ)の支給証明

・50歳未満  約930万円(30万リンギ) の定期預金口座を開設

 

【Q3】 MM2Hビザの費用はどれくらいかかりますか?

【A3】 弊社でビザ申請代行をご依頼され場合の費用を以下の通りです。

≪MM2Hビザ申請代行手数料、その他費用について≫

1.MM2Hビザ取得代行費用 190,000円    【お一人、ご夫婦の場合も同一料金にて承ります】

  *21歳未満のお子様を帯同され、同時に申請される場合、お一人につき25,000円の追加料金がかかります。

*ご両親を帯同される場合で、ご本人がビザ取得後の申請となる場合、一申請につき1,500リンギットが追加となります。

2.MM2Hのその他実費

①パスポート英文認証代(マレーシアにて取得される場合)1冊につき、6,500円

②移民局へ支払うビザ代金(以下の費用の合計となります)

●ビザ切替費用500リンギット

●ビザ発行費用90リンギット×パスポートの残存年数

③健康診断料(実費) 30~80リンギット

④医療保険料(実費) 保健会社・ご年齢により異なります。60歳未満の方のみ加入。